Debian 怒涛の apt-get

カテゴリ: Linux設定・活用
|

シリアルを繋いでリブートした OpenBlockS、ifconfigで見ると、eth0の設定もうまくいっているようです。よしよし、これなら簡単かなと思って、base-configを起動して初期設定にかかります。普通に PCに入れるのと同じ要領でほいほい進めていたら、追加パッケージを入れるところで問題発生、

E: This installation run will require temporarily removing the essential package e2fsprogs due to a Conflicts/Pre-Depends loop. This is often bad, but if you really want to do it, activate the APT::Force-LoopBreak option.
E: Internal Error, Could not early remove e2fsprogs

てなエラーで止まります。apt-get, aptiudeでなにをやってもダメ。いろいろ試しているうちに、変な状態になって、base-configまで削除されたりして、完全にハマリ状態です...

やっぱり debianって(ry
とか、かなり投げやりな気分になってきたのですが、もう、これ以上壊れたら最初からやり直すつもりで、エラーメッセージにあるエラー無視オプションをつけてapt-get実行してみました。
--
なんか、メッセージはいろいろ出ますが、とりあえず、あの憎らしいメッセージは出ていないようです。
--
ちょっと前に apt-getに失敗したパッケージのインストールを再度実行して試してもうまくいくようです。
--
うまくいかないときに、メニュー式のツールを使うと傷が広がるという経験を元に、腹をくくって、思いつく順に、片っ端から apt-getしていくことにします。
とりあえずは、リモートアクセス系、telnetd, ftpd, sshなんかを入れたいんですが、手元に CD-ROMがあるわけではないので、何を apt-getすればいいのか、いまいち分かりません。
いちいち Googleで検索すれば、調べることは可能ですが、これでは時間がどれだけあっても足りません。
もっといい方法はないのかと調べてみると、
apt-cache search キーワード
で、関連するパッケージをリストしてくれるらしいことが分かりました。
これは便利ということで、思いつくままパッケージを探して apt-getする作業を繰り返します...

「Linux設定・活用」の新着

最近のコメント


最近のコメントを表示...
Powered by Movable Type 7.1.1