HDDの温度を気にしてみる

カテゴリ: OpenBlockSで自宅サーバ
|

OpenBlockS266は、OpenBlockS266用 24H 対応 HDD に関するご注意にあるように、公式には HDDの温度を 40℃までに押さえる必要があるようです。

3月も下旬になって大分暖かくなってきたので、HDDの温度を確認してみようと思います。
最近の HDDは、ほとんどの場合温度センサーを内蔵しているので、特別な計測装置がなくても、ソフトウェアだけで HDDの温度を知ることが出来ます。

Linuxの場合は、smartmontoolsをインストールすれば良いようなので、apt-getでインストールします。

インストールされた smartctlで確認できるようですが、その前にとりあえず HDDの全体的なヘルスチェックをしてみます。

# smartctl -H /dev/hda
smartctl version 5.34 [powerpc-unknown-linux-gnu] Copyright (C) 2002-5 Bruce Allen
Home page is http://smartmontools.sourceforge.net/

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED

ちょっとドキドキですが、とりあえず、パスしたようで一安心です。

次に温度を確認してみます...

# smartctl -A /dev/hda | grep Temp
194 Temperature_Celsius 0x0002 196 196 000 Old_age Always - 28 (Lifetime Min/Max 11/32)

現在は 28℃のようです...

では室温は、と思って温度計を探したら、昔土産でもらったカード型の液晶式温度計しかありません。(^^;;;;;;;;;;;;
まぁ仕方ないのでこれで確認することにします...

・・・16℃から18℃ぐらいを示しています。

室温 +10℃なら、まぁ問題ないラインのようですので、もう一安心です。

気は心で、OpenBlockSの上に、あまっている Athlon64のリテールCPUクーラーを載せてあるのが効いているんでしょうか。(^^;;;;;;;;;

今のところ、75日連続稼動中なので、どこまで伸びるかがちょっと楽しみです。

とはいっても、油断大敵なんでそろそろバックアップを取っておくかなぁ。

# でも今日はしないけど...(^^;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

後、smartmontoolは、定期的に起動して異常の前触れを検出したらメール出すようなことも出来るようなので、これも夏までに設定してみようかとか考えていたりします...まぁこれも後日ですが。

「OpenBlockSで自宅サーバ」の新着

最近のコメント


最近のコメントを表示...
Powered by Movable Type 7.1.1